クリスタルヒーリングは、石を用いる代替医療の一つと言われているそうです。医療の技術が発達していなかった当時は、鉱物も医薬品として扱われてきたそうで、粉状にして飲んで効果を高めたり、石を宛がうことでの治療を行っていたそうです。現在では「クリスタルヒーリング」と呼ばれており、欧米を中心に発達してきたと言われています。

何故、クリスタルを使って病気が治るのでしょうか。一説ではプラシーボ効果とも言われていますが、正しい根拠もあるそうです。例えば、「鉱物がミネラルで構成されている」という部分です。ミネラルは、人体に必要な成分です。その必要とされる成分を含んだ石に触れることで、体に吸収されて良い効果が表れるという仕組みです。例えば苛立っている人には、カルシウムが含まれる「カルサイト」が良いといった具合に、人の状況によって石を選んでいるそうです。体質の改善に役立つという場面が多いそうで、例えば「体調を崩しにくくなった」「精神的に落ち着くようになった」という効果が多いと言われているそうです。また、クリスタルの持つ「波動」、クリスタル・パワーを扱うことで、瞑想の効果を引き出すこともできるそうで、その効果は様々だそうです。クリスタル自体が、お守りに使われていることも多いと言われています。

ひとつ注意したいのが、クリスタルヒーリングは、あくまで「代替医療」であるということです。体質改善など、長い目で見ての効果を発揮するものですので、即効性の効果はありませんし、病気自体をすぐに治す力はもちろんありません。まずは医療機関でしっかり指導を受けてから、補助的な医療行為としてクリスタルヒーリングを使用するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です