たとえあなたに、不満をいだくに足る「正当な」理由があったとしても、自分でアイデンティティをこしらえたことに変わりはなく、それはいわば、自分を観念という牢獄に閉じ込めるのと一緒です。自分が自分にどんな結果をもたらしているか、より正確にいうなら、自分の思考が自分にどんな結果をもたらしているかを観察してみてください。「犠牲者話」に対してもっている執着心と、その思い出に浸らずにはいられない、その思い出を語らずにはいられない、強迫的な傾向に気づいてください。自分の心の状態を「観察する人」になってください。スピリチュアルコーチングを通して、そうしてみてください。とりたてて何も「する」必要はありません。「気づく」だけで十分です。気づきによって、変容と自由がやって来るのですから。愚痴こぼしとリアクションは、エゴが自身を肥やすために常套手段にしている思考パターンです。たくさんの人は、思考活動と情緒活動の大半が、人生で起こる出来事に対する不平とリアクションによって占められています。そうすることによって、他人や状況を「悪者」扱いし、自分を「正しい人」にしているのです。「正しい人」になることによって、優越感に浸り、優越感に浸ることによって、自己の感覚を強化しているのです。むろん、実際に強化しているのは、エゴの幻想にすぎません。自分自身にこびりついている、これらのパターンを観察することができますか?スピリチュアルコーチングによって、自分自身を見つめてみてください。変えることのできない事実に不満を訴えている「頭の声」を認識できますか?スピリチュアルコーチングの実践によって、「頭の声」を聴いてみましょう。どうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です