存在するのは、ただ、ありのままの、「いま、この瞬間」だけです。スピリチュアルコーチングを通して、このことを、感じ取りましょう。意識的に「いま、この瞬間」へと足を踏み入れたとたん、人生が神聖であることに気づきます。いまに在るとき、目に映るすべのものに、神聖さを見ます。いまに生きれば生きるほど、シンプルでありながら、深遠なる「大いなる存在」の喜びと、あらゆる生命の神聖さを実感するのです。ほとんどの人は、「いま、この瞬間」を「いま起こっている出来事」と錯覚しています。でも、このふたつは別のものです。「いま、この瞬間」は、そこで起こる出来事よりも、ずっと奥深いのです。「いま、この瞬間」は、出来事が起きている空間なのです。ですから、「いま、この瞬間」を、その内容と混同してはなりません。「いま、この瞬間」は、その中で起こるどんな出来事よりも、深遠なのです。いまへと足を踏み入れた瞬間、思考の森の外へと歩み出ることができます。すると、ひっきりなしだった思考の流れが、スローダウンし始めます。思考はもう、あなたの意識のすべてを奪っていません。注意を完全に引きつけておくことができません。思考と思考のあいだに、スペース、「静止の次元」が生まれます。自分が思考よりも、どれほど深く、どれほど広大であるかに気づきはじめます。思考、感情、感覚、その他なんであれ、あなたが経験するものが、「わたしの人生」を構成しています。この「わたしの人生」が、「わたし」という感覚のよりどころであり、さらにはそれを「人生の意義」だと信じるなら、少なくともあなたにとっては、それが真実になります。スピリチュアルコーチングのよって分かります。